So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

山梨で実験リニア新幹線駅のイメージ 候補地飯田、神奈川の橋本は? [リニア新幹線]

目次

山梨で実験リニア新幹線!駅のイメージ候補地の飯田神奈川の橋本は?
関連記事

リニア中央新幹線の中間駅のイメージが発表された。

建設費と開業後の運営費を節約するために、新たな試みを試すようだ。

1962年から構想があった超伝導リニア、1997年4月には山梨リニア実験線において
走行実験を開始した2027年の開業に向けて、つい昨日工事着工の政府の認可が下りた。


足かけ38年の時間をかけて構想を練ってきたリニア中央新幹線まだまだ先は長いが完成までが待ち遠しい。

その期待のリニア中央新幹線の中間駅のイメージが発表された。

中間駅は、相模原、甲府、飯田駅がこの2種類のうちどれかのデザインになるよう。

駅名の候補は橋本駅と飯田駅という候補もあるそうだが、まだ詳しくは分かってない。


全貌はこのようなものになっている。

匠の新たなる技術を駆使して作られたホームはこのように・・
BGMはリフォームの匠をどうじょ
https://www.youtube.com/watch?v=NVNA76af-cE

地下駅
rinia.JPG

地上駅
takumi.JPG
takumi2.JPG
takumi3.JPG



ものすごくコンパクトな新たな試みをしている。

建設費用はJR東海持ちなので最低限の駅は作る。

人件費節約のために駅員は置かないし、チケットはネットで完全予約にして
自由席は作らないから券売機もなし。

併設の商業施設とかは作らないけど駅のホームに入る入口周辺に
県の費用で施設を作るのはどうぞしてくださいとのこと。

あと地下一階の部分は貸出することができるので、地元の負担で必要な施設を作って
複合施設駅に仕上げることができますよとのこと。

必要な施設は地元負担の前提で相談の上検討していきましょう。

停車駅が地上の場合防音のためにフードで覆ってしまうようだが、風景を損ねたりしないのだろうか。

イメージ画像を見るだけで、はやくも衰退していくのが目に見てしまう私なのだが
本当に大丈夫かと思ってしまう・・・

JR東海が全面投資するリニア中央新幹線に様々な期待がかかっている。

半世紀越しの思いが実現する日まではまだ遠いが、完成までを見守っていきたい。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

リニア中央新幹線 着工の認可下りる!!中間駅の新システムとは? [リニア新幹線]

目次

リニア中央新幹線 着工の認可下りる!!中間駅の新システムとは?
関連記事

JR東海が長年構想を練ってきた、
東京品川から名古屋までを6駅を最短40分で結ぶ新技術リニア新幹線。



短時間で移動できるリニアの最高時速は505キロ、ギネス世界記録をもつ最新技術使用する。


ついにリニア中央新幹線は夢の実現の一歩を踏み出した
今日正式に政府から工事着工の認可が下りた。


時速505キロというスピードはものすごい轟音をかき鳴らしながらの走行するリニア新幹線。


東京品川から名古屋までの間を終点と始発駅を含め合計6駅に停車する計画のようだ。

計画中の4つの中間駅のうち3駅は、山梨、長野、岐阜3県に一つずつ設置される見通し。

このリニア新幹線には停車する地元には大きな期待がかけられている。


JR東海の公開している事業紹介で資料を見ると中間駅のイメージ画像がこちら。
http://company.jr-central.co.jp/company/others/_pdf/info_35.pdf


rinia.JPG


s/blog/_397/chunchun-bata/rinia2.JPG" target="_blank">rinia2.JPG



トイレと事務所だけ、座席は全席指定席で自由席は作らないから
事前にネットで買ってくれだから従業員は配置しない、新たな予約システムは検討中だ。

トイレはつくるけど待合室はなし。

これぞ究極のシンプルという名のコストカット
最大限の効率化を機能性を追求したコンパクトな設計になっている。


これにはふかーーーーいながーーーーい訳があるようだ。
詳しく調べると何とびっくりなことに、

リニア建設費はすべてJR東海の自己負担といことで建設費用と運営費用を圧縮したいらしい。

そして中間駅の費用は地元で負担してくれとのこと。

あらたな切り口で日本を変えようとしているJR東海とリニア中央新幹線には
ますます期待がかかる。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。