So-net無料ブログ作成

JR東海リニア新幹線ルート詳細図 停車駅大阪名古屋山梨鏡川飯田市 [リニア新幹線]

スポンサードリンク




目次

JR東海リニア新幹線ルートと詳細の図 停車駅は大阪、名古屋、山梨鏡川、飯田市等
関連記事

2011年からじわじわと計画が進んできたリニア中央新幹線
今年の2014年工事に着工する予定である。

最初の完成は東京から名古屋駅までを2027年までに完成る予定である。

完成したあかつきには東京品川から名古屋までが最速40分で結ばれることになる。

この新しい移動手段リニア新幹線はJR東海が運営予定である。


昨年の9月にルートと停車駅が発表された。

リニア.JPG


Aルート:木曽谷ルート
Bルート:伊那谷ルート
Cルート:南アルプスルート

ルートはこのように3本の案が検討されており停車する駅は新駅を6カ所に建設する予定だそうだ。

ターミナル駅は東京都港区の品川駅地下と名古屋市中村区の名古屋駅地下に設されるようだ。

中間駅は神奈川県相模原市、山梨件甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市に造るとのこと。

名古屋駅までの大まかな停車駅は上にあげたとおりだが、大阪までの停車駅の発表はまだされていない

どのルートでも都市部や山間部を走るようになることが図を見るとわかる。

長野県山梨県あたりには日本の屋根と呼ばれる日本アルプスが存在している。

日本一長いトンネルが完成するだろう。

そのため地上にいる時間より山の中を突き抜けるトンネルの中にいる時間の方が長くなることが予想される。

トンネルが多いということはある意味の利点ではないだろうか

開けた場所では台風や竜巻の災害にあうと安全のために運転を止めざる終えないが
走行する場所のほとんどがトンネルであれば災害で止まることはないといえるであろう。


2020年の東京オリンピックに向けて完成を早めようという声もあるが
工事には10年以上の時間がかかり、短縮仕様がないという。

オリンピックに向けて山梨から東京の間だけでも試験運転で運用してもよいとは思う。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次
↓↓↓お買い物はこちら↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。