So-net無料ブログ作成

こだまひかり下り座席で見えた富士山!東京名古屋間リニア新幹線では [リニア新幹線]

スポンサードリンク




目次

こだま、ひかりの下り座席で見えてた富士山!東京名古屋間のリニア新幹線ではどうなの?
関連記事

電車の旅の醍醐味は風景を楽しむこと、
電車の醍醐味はダイヤを眺めること、
車両の走行姿をカメラに収めること。

電車旅の楽しみ方はいろいろ。


JR東海が長年構想を練ってきた、東京品川から名古屋までを6駅を最短40分で結ぶリニア新幹線。

ついに夢の実現の一歩を踏み出し政府から工事着工の認可が下りた。

最高時速は505キロ、ギネス世界記録をもつ最新技術のリニアモーターを使用した
最新で最速の移動手段になる。

到着時間を短くするため品川と名古屋の間は最短ルートを通る。

東京都名古屋の間には日本の屋根ともよばれる日本アルプスをトンネルを掘ってつなげてしまおう
という大胆な作戦に出ている。

そのため、リニア新幹線はほとんどトンネルの中を通ることになってしまう。

また時速505キロというスピードはものすごい轟音をかき鳴らしながらの走行になる。

そのため地上を走行している間もコンクリートの防音壁に覆われた土管の中を走る計画になるそう。



新幹線のこだまとひかりの下り方面では綺麗に富士山が見れるのだが、
リニア新幹線では見れるのだろうか。

世界遺産に登録された富士山をリニア新幹線でも眺められ、世界にもアピールできるチャンスになるのではとの声もあったが・・・


非常に残念だが見れることはなさそうだ。



huzisann.JPG


こちらJR東海が公開している線路平面図からきりとり
JR東海の事業紹介のページで運行予定の経路図がこうかいされており
、一般に公開されているが路線計画での平面図を見てみると富士山が見れそうな範囲は
見事トンネルの中になってしまうようだ。富士山が見れたとしても一瞬の速さで通り過ぎてしまう。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次
↓↓↓お買い物はこちら↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。